ネットビジネスの種類 19種類

目安時間:約 29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
ダウンロード (2)

こんにちは

インターネットビジネスで
「在宅で少ない時間でネットで稼ぐ副業を紹介してます。」
トライアットベンチャー事務局
大澤秀哉です。

 

 

ご縁のある方こちらからどうぞ

⇒メルマガ登録はこちら

⇒「副業」無料情報はコチラ

「副業」おすすめ情報教材

⇒  ビジネス洋書ベスト5位

 

全てではありませんが、個人で始められるオンラインビジネスの

種類を紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

 

 

オンラインビジネス紹介

このレポートでは、具体的なネットビジネスの種類についてふれていきます。

 

どれも個人で稼ぐことが可能ですので可能なものは 出来る限り取り入れてみてください。

また、自分のインプットの量を増やして、新たなアイデアを 創出してください。

 

  • アフィリエイト
  • PPCアフィリエイト
  • ブログアフィリエイト
  • オークション
  • 輸入ビジネス
  • コンテンツビジネス
  • 情報起業
  • 集客代行ビジネス
  • 塾ビジネス
  • マッチングビジネス
  • セミナービジネス
  • コンサルティング
  • 場ビジネス
  • アドセンス
  • ホームページ制作
  • 作業代行
  • コピーライター
  • プロモーションライター
  • 広告ビジネス

 

以上がここで紹介するネットビジネスの種類になります。

 

 

 アフィリエイト

広告業。

販売代理店。

 

最近は、紹介業っていうイメージが強いかもしれません。

他人の商品を紹介することでお金を得るビジネス。

 

ASPと呼ばれるアフィリエイトサービスプロバイダに登録し そこに置かれてる商品を自由に紹介することができる。

 

誰が紹介するかに重きを置いた方法と、単純に詳しい商品説明を 書くことで成約する方法がある。

 

サイト、ブログにその商品へのリンクを張るだけで そこから申込みがあれば成約になる。

商品レビューや比較サイトなどもこれにあたる。

 

楽天やAmazonの様な物販では利益は3%とか10パーセントしかもらえないが 情報ビジネスでは、5割とか8割とか貰える場合もある。

 

特に情報販売のアフィリエイトをお勧めする。

リスクがなく、やればやるほど儲かるので 能力の向上に努めて欲しい。

構築に、時間がかかるのがデメリット。

必要なスキルは、コピーライティング。

SEOやPPCやホムペ制作の技術があればなおよし。

 

現在はSNSから集客できるので、難しいことしなくても収入につながる。

とにかく、リスクが低い。

 

セールス能力、お客さんを集める能力さえあれば、商品は無限にあるので 売れます。

 

 

PPCアフィリエイト

PPC広告とよばれるヤフーの検索エンジントップにお金を払って 上位表示してもらう方法で、アフィリエイトのサイトをもっていき そこで成約を取るビジネス。

 

1クリックあたり50円とか取られるので、商品の値段と相談して 大体何クリックに何成約でるかを計測して、サイトを量産していく。

 

誰でも簡単にできるのでライバルも多い。

ライバルよりも高い広告単価を出せれば出しぬける。

 

PPCで上位表示してすぐ売るより、一度リストを取って 後々販売したほうが個人的にはいいと思う。あくまで集客目的。

 

サイトを量産しまくれば、あとはメンテナンスするだけ、 1日少しいじるだけで月100万とか稼ぐ人もいる。

なんといっても、ヤフーというでかい媒体からお客さんを集客できるという 感覚がすごすぎる。

 

そもそも、検索エンジンは、何かを探し求めてやってきているので 売れやすい。

これが、SNSなどでのアフィリエイトとの違い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ブログアフィリエイト

ブログを使ってアフィリエイトする方法。

ブログは記事更新するだけでアクセスが集まったり

コメント周りすることでそこからアクセスを呼べたり

メッセージを送ったりペタをつけることで呼べるので割りと集客は手間がかからない。

 

従来のブログアフィリとは、アメブロなどのSNS寄りの ブログが増えてきたことで難易度は下がっている。

 

おもしろい記事を更新し続けることで読者は増える。

そこで、おすすめ商品を流すのみ。

 

メルマガなどがなくても、無料で気軽に始めれて ホムペなどなくても、毎日更新することで読者との距離を詰めれる。

 

最初にやるべきアフィリエイト形態。

芸能人なども、ブログアフィリエイトですよね。

 

多くのアクセスが集めやすいのと、新規の人にも売れるのが メルマガアフィリエイトとの違い。

 

今後、SNSに近いブログが増えてこれば、集客はさらに楽になる。

 

基本的には、ブログ内からのアクセスや、SEOがかかって、 Googleからの検索などがメインで、お客さんが来るルート。

 

私はこのビジネスモデルを融合し取り入れています。

 

 

 

オークション

主にヤフーオークション、モバイルオークションなどがある。

大量にお客さんが勝手に訪れるので、ビジネスで一番難しい 集客を頑張る必要がない。

 

いい商品を流しておけば勝手に売れていく。

稼いでる人は、ほぼほぼオークションから始まっている。

 

誰でも簡単にお店を持てるという感じ。

まずは不用品から売ってみるということから 始めることをお勧めする。

オークションについてはいろんなところで毎回話しているので ほとんどしゃべることはないのですが。

 

多くのネット起業家が、オークションビジネスから始めています。

理由は、不要品販売くらいから、利益を出すってのがイメージできるからです。

 

集客をオークション媒体がやってくれるっての神的なのです。

だから、何しようか迷っている場合は、まずはオークションという安直な 考え方で良いと思っています。

 

自分をブランド化する必要もない。

集客力が強いので割とすぐに売れます。

単純作業でコツコツやるのが好きな方は向いてるかもしれません。

 

 

体験セッションで実際にやって貰う場合があります。

 

 

 

 輸入ビジネス

オークションビジネスのもう1段階上のビジネス。

輸入と聞くとなんかとっつきにくいが。

海外との価格差を利用して儲ける。

 

ほとんど誰でも成功している印象。

19歳で年収1000万の子が出てくるほど。

海外から安く仕入れて、日本で売る。

 

価格のリサーチを勉強し、売れなければ1円でも売りきる。

クレジットカードがあれば、先に仕入れて引き落としまでに 売ってお金に変えるという方法もある。

 

上位レベルでは個人で月商500万、月収300万などもいる。

可能性に満ち溢れたビジネス。

 

これも、日本が円高であればあるほど、有利になる。

知り合いでは、輸入のことを書いていた本だけで始めて、 学歴なしから、利益50万円を出した、20代の子もゴロゴロいる。

 

すごくシンプルだが、英語ができなくても、翻訳を使って 展開できるので大丈夫。

ようは、英語苦手だからと敬遠してしまうのがだめですね

 

 

 

 

 

 コンテンツビジネス

情報を商品としたビジネス。

本、CD、DVD,新聞紙などがある。

 

商品自体に価値はなく、商品の中身に価値があるといった感じ。

目に見えないものを全てコンテンツ、サービス自体を コンテンツと考えている。

 

例えばキャバクラのチャージ代とか、美容師のカット代とか。

サービスや空間の代金もコンテンツビジネス。

コンサルや学校の授業もコンテンツビジネス。

 

それは知識を伝えるという意味でもある。

コンテンツビジネスにすれば利益率が高く、複製ができるビジネスが 展開できる。

 

難点は同一商品のリピートができないことと、簡単に複製されるので 著作権的な問題が残る。

それでもやるべきビジネス。

コンテンツを特典などにアップセルすると利益率が上がる。

1000円のガイドブックなどのPDFファイルで作って上乗せれば それだけで利益が1000円上がる。

今後は知識産業の時代なので、こういった分野が伸びていくかと。

 

 

 

私はこのビジネスモデルを融合し取り入れています。

 

 

 

 情報起業

コンテンツビジネス、情報を売ることで起業する集まり。

在庫リスクなし、高利益率、複製可能、初期費用もあまりかからないと 素晴らしいビジネス。

 

億万長者もこぞって推薦している。

自分自身に何かノウハウ、もしくは伝えれるものがないとだめだが 他人のノウハウでそれをプロデュースする形で情報起業することもできます。

誰にとって役に立つ情報かということを考えれば気軽に情報起業できる。

誰しも、何らかの能力は人よりも優れた部分がある。

その部分で起業する。

 

昆虫好きなら昆虫好きを集めて昆虫採集セミナーを開いたり。

昆虫図鑑を売ってみたりだとか。

PDFファイルを作成して販売する、それだけ。

中には、ゴミみたいなクソ情報を高値で売っている人もいますが、 そういったビジネスではなく、こういった、きちんと人のためになるものを作りたいですね

 

 

 

私はこのビジネスモデル融合し取り入れています

 

 

 

 

 

 集客代行ビジネス

集客のプロになって、代わりに集客してあげるビジネス。

集客ってのは絶対に悩みが尽きません。

 

何故なら、どのビジネスでも、もっとお客さんがいればいいのにと 思っているからです。

集客という悩みがつきないということは、集客のプロになれば 需要が多いということです。

 

何か自分が媒体を持っていて、何かサービスや集まりに 人数を動員して、その動員分だけお金をもらう。

 

5000円の飲み会に10人動員するから3割ください。

みたいな。

 

集客力があれば、お互いに悪い話ではないのでのってくれる 可能性が高い。

元手もいらず、集客能力さえあればいいので 最初はこういったビジネスを始めるのがいい。

集客の能力を高めまくる。

 

それを教えてあげることで、コンサルみたいなこともできますね。

 

 

 

私はこのビジネスモデル融合し取り入れています

 

 

 

 

 

 

 塾ビジネス

何か教えることがあるなら、英語なり、数学といった受験科目でもいいし、 コピーライティングや集客といったビジネスに必要なものでもいい。

 

塾という形式を取ることで、お客さんに理解してもらいやすい。

毎週何日とか、そういう形式を取る。

 

実際に人をどこか場所に集めてやってもいいが、それだと コストがいろいろかかるのでオンライン塾がいい。

 

スカイプを使って30人とか相手にやってもいいし、 ユーストリームの生放送でやってもいい。

こちらがカメラを使って、ホワイトボードなどを用意する。

 

オンラインにすることで無限にお客さんが入るので 単価も下げれて、多くのお客さんを囲える。まさにオンラインとマッチした塾ビジネスである。

 

1時間の授業1000円だとしても、2時間×30人でやれば、6万円。

さらに、オンラインでやればお金がかからない。

 

自宅で受講できるなどのメリットが多いですね。

これから、学ぶという形態が変わっていくわけですね、こうして。

 

何かを教えるビジネスの需要も高まります。

教えることが好きなら、この展開をとってください。

 

 

私はこのビジネスモデル融合し取り入れています

 

 

 

 

 

マッチングビジネス

オークションの能力がずば抜けてるAさんに Aさんの教えをこいたいBさんをくっつけてマージンを貰う。

 

アフィリエイトにも近いですね。

リアルなアフィリエイト。

 

Aさんのコンサル35000円を5万円でBさんに提示し、15000円貰う。

もしくは、5万円程度でコンサルを募集し折半など。

集客がうまいならこのマッチングビジネスが素晴らしすぎる。

 

自分に特に能力がなくても成り立ち、元手も何も要らない。

その、能力がある人と仲良くなれればいくらでも成り立つ。

 

Aさんからすれば勝手にお客さんがきてそれを相手にするだけで お金になる。

Bさんはオークションの能力が上がる。

私たちは、中間マージンがもらえる。

まさに理想的なビジネスモデル。

 

美女を集めて、飲み会を開いて、お金もちから課金するとかでもいいですね

要は、接着剤ビジネス。

何かと何かを結びつけて、新しい価値を産む。

 

 

 

 

 

 セミナービジネス

マッチングビジネスに似ているが、講師を招いて セミナー会場をおさえて動員して、利益を得る。

 

多くはそのセミナー動画を録画してDVDにしたり そのまま販売したりする。

情報販売にもなりますね。

 

無限に複製がききます。

無限利益です。

 

これも講師とのコネクションさえあればその肩書きを利用して お客さんが集まる。

自分にはほとんど何も能力がいらないという素晴らしいビジネス。

 

講師に好かれて、集客ができたらOK。

元手もかからないので、まずはこういったビジネスから 始めることを推奨する。

 

特別、講師レベルの人間じゃなくてもそこそこノウハウがある人 と仲良くなれれば十分成功する。

 

月30万稼いでるレベルとかでも、月1万も稼げてない人にとっては 講師である。

5000円とかで20人集めれば10万円。

そして経費抜いて折半しても4万円くらいは日給で残る。

 

講師と相談して、あらかじめギャラを3万円とかに設定しておくのもあり。

こういうのも行動次第なので、ガンガン交渉とか、結局行動命。

ほとんどの人は動かない。

 

 

 コンサルティング

誰かに何かノウハウを教えてお金をいただく。

月契約が基本的。

 

渡邊健太郎さんは2時間で30万とかチャージする。

価値が上がりまくれば高額なフィーをチャージすることができる ビジネス。

これもマッチングやセミナービジネスと同様、一人能力の高い人と 仲良くなれば簡単にできる。

 

報酬形態は、利益の何割を貰うと言った形や 月額10万円とかそういう形。

基本的に労働収入になるので限界はあるが、5万円×10人とかコンサルすれば それだけで50万かつ、利益が出ればずっと続くのでかなりいい。

 

さらにコンテンツビジネスなので元手がいらない。

最初は能力ある人のコンサルを仕事として取ってくるところから始めるべき。

 

自分の能力が何かあるならそれを教えても構わない。

誰にとって価値があるかを意識する。

 

プロ野球は教えれないけど、小学生の野球チームなら教えれるみたいな

ターゲットをしっかり意識する必要がある。

 

最近は、輸入ビジネスで稼ぐ⇒コンサルに移行する

みたいな、セットで考えるビジネスも多い。

 

儲けている人はコンサルは多い。

是非、自分のビジネスに取り入れてみてください。

 

私はこのビジネスモデル融合し取り入れています

 

 

 

 

 場ビジネス

場を作る発想。

要はガンガン人が集まる何かを創れってこと。

 

例えばヤフーやグーグルは、場を作り人が集まることで利益を出している。

お客さんが大量に集まるから広告が出せる。

 

多ければ多いほど広告料が上がっていく。

その他、釣り掲示板などを月額300円で作って釣り情報を ユーザーに書かせることで、情報をユーザー同士で共有させる。

 

場を作るだけで、これで10万人など入るらしい。

月商がそれだけで3000万になる。

 

ヤフーグーグルはもちろんもっと大きな額が生まれている。

検索エンジンのビジネスモデルである。

 

何十億という人間があの検索エンジンを活用しますから。

ユーザー同士が交流できるSNSなど、ユーザーに情報を更新させる というのがポイント。

販売者とユーザーが繋がる場所(=ヤフー)を作るというのもあり。

 

「場を持つ発想ができれば月商一億も簡単」

と、有名な起業家から、私は学んだ。

 

最近はフェイスブックなどでも広告が出せる。

 

 

アドセンス

広告の一種で、ブログやホームページの下に文字が出る。

アフィリエイトの一種ですね。

 

それをクリックさせれば単価10円とか100円とかもらえる。

サイトを作ってアクセスを集めて、その広告をクリックさせるという 簡単なビジネスモデル。

 

1サイト1万円生み出すブログを作って、月30個持てば月三十万。

アドセンスも元手も何も要らないのでお勧め。

 

イメージはアフィリエイトのクリックだけさせる版。

お客さんと販売者をつなげるイメージ。

1クリック100円とかで販売者が広告を出し、 半分がアドセンスやってる人に支払われ 半分がヤフーグーグルがもらう。らしい。

 

世界中でクリックなんて死ぬほどされているので 検索エンジンは死ぬほど儲かるわけですね。

 

これも、自己ブランディングもクソもないので、本当に作業のみで 戦えるビジネス。

だが、ライバルも多く、つぶしも多く、莫大に稼ぐのには不向きかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

ホームページ制作

ホームページ制作を代わりにやることでお金を貰う。

友人はのホムペを作り直すことで十万円をゲットした。

 

そして、その後、そのビジネスで起業して、 今では、何十万も課金している。

勉強すれば誰でもホムペは作ることができるのであとは営業力次第。

 

企業相手にすれば単価は高くなる。

個人相手だとしても一つ三万円で月10本取れれば三十万になる。

 

やることはホムペを作成する能力を上げるだけ。

自分で集客できなければ集客が得意な奴と組めば 勝手にお客さんを連れてくるので五万円くらいにして2万円あげればいい。

 

集客のほうは人を集めるだけ こっちはホムペを作るだけ

まさに理想的な関係を築くことが可能である。

 

これも、ブランディングする必要はないので、大事なのは腕なので。

そういう職人技が向いている人にはよい起業。

 

 

私はこのビジネスモデル融合し取り入れています

 

 

 

 

 

 作業代行

様々なめんどくさい作業を代わりに引き受けてみる。

ホームページ製作代行。

集客代行。

アクセスアップ代行。

ツイッターフォロワー増やし代行。

 

お金持っている人ほど、めんどうな作業は嫌がるので 営業をかけてみてください。

なんらかの代行ができれば、それがコンテンツであればなおさら 儲かるってことです。

 

ただの単純作業ですが、最初に自分が売るものが何もない場合は 労働と、時間を提供することで、価値提供ができるのです。

 

無料でやってあげれば、それで感謝が得られますね。

 

 

私はこのビジネスモデル融合し取り入れています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コピーライター

文章を書くことでお金をもらう。

それも、成約させる文章を書く力が大事。

 

ぱっと目にとまるキャッチーなコピー。

その後、お客さんを行動させるコピー。

 

コピーライティングのみで、数十億稼ぐ人間もいるらしい。

 

それは音声を書き起こすことでお金をもらってもいいし、 セールスレターを一回十万円とかで書いてもいい。

 

オススメは成約が出るたびに商品代金の2割。

というふうにする。

 

これで、印税的にお金が入り続ける。

ネットビジネスにおいてコピーライティングは必須科目なので重宝される。

 

コピーライティングを教えることもビジネスになる。

コピーを覚えれば成約が上がる。

感情を伝えることもできる。

最初に習得すべきスキルでもある。

 

ネットでビジネスするうえで、人に何かを伝える能力、コピーライティング能力が 欠如していれば、どうやって稼ぐの?レベルの話。

自分がかけなければ、人に書いてもらいましょう。

 

 

 

プロモーションライター

プロモーションのシナリオを描く。

プロモーション自体の成功のいくらとかもらう。

 

動画でのマーケティングに関与する場合は 話し方、感情のつけ方などをアドバイスしていく。コピーライティングの要領をそのまま動画に写した感じ。

 

プロモーションを用意して、準備なども用意して ゲストには喋ってもらうだけみたいな状況を作る。

 

マッチングビジネス、セミナービジネスに似ている。

ようは、プロデュースにも似ている。

 

何か、能力はあるが、売れない人がいる。

それを、自分のネットのスキルを使って、プロモーションして、 価値を無限に全国に伝えていくなど。

 

まり、ネットでプロデュースすれば多くの場合はヒットする。

普通にオフラインのみで展開するよりも

 

 

 

 

 

 

 

 

 広告ビジネス

自社メルマガなどで広告を流してあげることでお金をもらう。

 

日本で一番のメルマガ数を誇る川島さんは三十七万部に対して 広告代が25万円。

二十五万円払えば、メルマガで自分の商品を紹介してもらえる。

用意するものは媒体と、読者数。

 

これはツイッターなどでも応用が利く。

「10万人のフォロワーがいる僕のツイッターでつぶやきませんか?」

などなど。

 

つまりは、お客さんがいればそれだけでビジネスになるってこと。

成約うんぬんにかからずお金をもらう。

 

さらには広告文などもお客さんのほうで用意してもらうことで 。

まさに流すだけビジネスになる。

 

1万円とかで課金できますよね。

自分の商品を紹介してもらうのに1万円。

 

安いと思います、3000人に広告できるのであれば。

そのかわり、くだらないものをつぶやくと、その媒体自体の 価値が下がります。

 

女の子集まっているのに、男性用の商品を流す、とかね。

なので、広告する側も、審査マインドは必要。

 

 

 

⇒「副業」無料情報はコチラ

 「副業」おすすめ情報教材

⇒ビジネス洋書ベスト5位

⇒ビジネス洋書一覧

⇒トップページへ戻る

⇒無料メルマガ登録

⇒サイトマップ

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ