ブログアフィリエイトの始め方

目安時間:約 13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
PAK85_Blogcc20141206203244_TP_V

ブログアフィリエイトの始め方

 

新規メールアカウント開設方法から、アフィリエイト業者との提携方法の解説

 

 

アフィリエイトとは何か?

 

アフィリエイトという言葉はご存知でしょうか?

聞いたことはあるけど詳しくは・・・。

という方もいらっしゃると思います。

 

 

まずは基本的な事柄として、そもそもアフィリエイトとは

何なのかということをおさらいしてみましょう。

 

 

affiliate のもともとの意味を辞書で調べると「提携する」

「加入する」という意味があります。

 

 

そこから、アフィリエイトは、インターネットの世界では主に

「ウェブサイトと広告主(商品販売者)が提携する」という

意味で使われています。

 

 

アフィリエイトのほかに、アソシエイトという言葉も使われる

ことがありますが意味することは同じです。

 

 

ひとことで言ってしまえば、いわゆるインターネット広告です。

あなたもすでにいろいろと目にしていると思います。

 

 

アフィリエイトの仕組みをかなりざっくりと言うと

 

  1. ウェブサイトと広告主が提携する
  2. ウェブサイトに広告を掲載する
  3. 広告を見た訪問者がウェブサイトを通じて商品を購入する
  4. 対価(謝礼)として広告主からウェブサイト管理者へ報酬が支払われる

 

ということになります。

 

 

こんな大雑把な説明でご理解いただけたでしょうか?(汗)

 

 

 

アフィリエイトを始めるために必要なモノとは?

 

基礎講座の第1回目「アフィリエイトの仕組み」において、

アフィリエイトは手軽に始められるのが魅力と書きました。

 

 

手軽に始められるといっても最低限必要なモノはあります。

 

 

  • メールアドレス
  • 銀行口座
  • 自分のメディア
  • ASP登録

 

 

これらは、アフィリエイトをやっていくには必ず必要なモノになります。

 

 

 

 

メールアドレス

 

これもすでにインターネットを利用しているのであれば、大抵の人は持っていると思います。

 

 

ただ、これからアフィリエイトの作業を進めていくと、普段使いのメールアドレスとは別に専用のメールアドレスを持っていたほうが都合がいいことが多いです。

 

 

なので、フリーのメールアドレスを新しく取得しておくことをおすすめします。

 

 

こちらから新しいメールアドレスを作りましょう。

 

Gmail作成画面。

 

Gmailは以下のメリットがあります。

 

 

1. 迷惑メール対策
迷惑メールの設定が楽。

強すぎるのが逆に難。

 

 

2. 検索
Gmail 内を検索して、目的のメールを簡単に検索できる。

 

 

3. スレッド表示
メールと関連する返信がグループ化されるので、

管理するのが楽。

 

 

4. 統合されたチャット機能
Gmail でチャットしたり、

ボイス&ビデオチャットでお互いの顔を見ながらチャットもできます。

 

 

5. 外出先での利用
コレは素晴らしい機能。

どの端末からでも Gmail にアクセスできます。

 

 

6. ラベル、フィルタ、スター管理
ラベルを使用してメールを整理できます。

1 通のメールに複数のラベルを付けることができるので、ある特定のフォルダを選択する必要がありません。

ラベルをつけて自動で細かくわけられるのでとても便利。

 

 

7. 優先トレイ ベータ版
重要なメールをその他のメールと自動的に切り離して、自動で大事な用件に集中することができます。

 

 

8. 安全性
Gmail では、銀行のウェブサイトのように、HTTPS 暗号化を使用してメールの安全を確保しています。

二段階認証も設定できます。

 

 

9. 無料
これらすべてを無料でご利用いただけます。スゴい。

 

10.アカウントをいくつも作れる

私はカテゴリーごとで使い分けています。

 

 

 

銀行口座

これはおそらく持っていない人はいないでしょう。

 

 

銀行口座はアフィリエイト報酬が発生した時の振込先として必要になりますが、まずは普段使いの銀行口座で始めても問題ないです。

 

 

ネットバンクがおすすめ

ネットバンクとは、ネットで稼ぐ時に使いやすい銀行口座の事です。
普通の銀行口座だと、直接お金を受け取れなかったりするので、
ネットバンクがあった方が大変楽です。
もちろん、口座開設は無料なのでお金の心配はありません

 

 

口座は開設まで時間がかかるので、早めに口座開設しておきましょう
以下のサービスでネットバンクが開設できます

 

 

・楽天銀行

私がおすすめするネットバンクは、ポイントが凄く貯まる楽天銀行です。

 

 

後々、楽天アフィリエイトなどを考えている場合は、楽天銀行の契約がないと報酬が発生しても3,000円までしか貰えないという縛りもあるので楽天銀行は作っておいてください。
先ほど言ったように口座開設には時間がかかるので、
すぐ使えるように今開設しておくことをおすすめします

 

 

これは稼げてからの話になりますが、アフィリエイトで収入を得たら確定申告をして税金を納める必要があります。

 

 

その時に、アフィリエイトに関わるお金の出入りは専用の銀行口座にしておいたほうが便利ということがあります。

 

 

 

自分のメディア

メディアというと難しいですが、これはウェブサイトやブログだと思ってください。

 

 

つまりは、広告を掲載する媒体です。

 

 

そもそもこれがないと広告が掲載できませんから、これから準備して作っていく必要があります。

 

 

今回は無料で決まり事が割りとゆるいFC2ブログを開設しようと思います。

 

 

それでは早速FC2ブログ開設ページへ行きましょう。

FC2ブログ新規登録はこちら

 

 

FC2ブログのページへ行ったら、

まずは左上の「新規登録」ボタンをクリックして下さい。

 

83be58a58455350dfd46b20d62df4225

 

 

 

 

 

 

メールアドレスの入力と、画像認証の数字の確認をして入力したら、「登録する」ボタンをクリックします。

 

 

6153f7a966841ac5cd8439f5aef38469

 

 

すぐに登録したメールアドレスに仮登録メールが届きますので、
メール内のURLをクリックして下さい。

プロフィールの入力ページで、
パスワードや秘密の答えなどを入力後、「登録」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

プロフィールの入力

これでFC2IDが登録できました!

まだブログの設定がありますので、
ページ下の「ユーザー情報の入力に進む」をクリックして下さい。

FC2IDの登録完了

ユーザー情報は、ブログID以外のものは後から変更可能です。

ブログジャンルは「アダルト」または「アフィリエイト」を選ぶと後から変更できませんので注意して下さい。まだどんなブログにするかちゃんと決まっていない場合は「日記」を選ぶと良いと思います。

ユーザー情報の入力

 

 

 

 

 

全て入力し終えたら「利用規約に同意して登録する」ボタンをクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

226題

 

 

 

お疲れ様です!!

これでブログの登録ができました!
あなたも今日からブロガーさんですね♪

 

 

ブログの管理画面へは「FC2ブログ」のリンクからログインする事ができます。
いつでもブログが書けるようにブックマークに入れて置くと便利です。

 

 

ブログの登録情報がメールで届いていると思うので、

こちらも大切に保存しておきましょう。

 

 

 

ブログ開設ができました!

 

 

お小遣いブログの第一歩!ブログ開設ができました。

 

 

ちなみにできたばかりのブログはこんな感じです。

 

 

無題

 

 

 

 

できたばかりのブログは真っ白ですが、

 

これからどんなブログにしていくかは自由自在です。

 

楽しい記事を沢山書いて、あなただけの素敵なブログを作っていきましょう♪

 

 

 

ASPの登録

ASPとは、アフィリエイト・サービース・プロバイダの頭文字をとった略称です。

 

 

ASPに登録することで、自分のウェブサイトやブログに広告を掲載できるようになります。

 

 

ASPの登録方法や広告の選び方などについては別途このブログの中でも詳しくご紹介していきます。

 

すぐに報酬が入るものも紹介しているので御覧ください。

 

 

こちらからどうぞ。

ネットで簡単に1万円小遣い稼ぐ。

 

お悩み相談・疑問質問あれば

こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

botton-1

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ