何をしたいかわからない。

目安時間:約 3分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

こんにちは

 

 

何をしたいかわからなくなってしまった人に、今日は悩みを軽減する方法をシェアします。

 

 

まず、悩みというものはお金持ちだろうが、売れっ子芸能人だろうが、大統領だろうが、

モテモテのイケメンだろうが、会社の社長だろうが、あなたが大好きなあこがれの人だろうが、

大嫌いな人だろうが、必ず皆悩みを持って生きているという事を理解しましょう。

 

 

だから悩んでいるのはあなただけではないのです。

これを知るだけでも少し心が軽くなりませんか?

 

そして次に自分の悩みを理解してあげましょう。

ポジティブにとかなるがまま見ないとかではなく、一度何で悩んでいるのかを

明確にし感じてあげましょう。

 

悩みを紙に書き出してみて、眺めてみましょう。

次に悩める事と悩めないことを分けてみましょう。

 

例えばよくあるのが

「お給料が低くて生活が苦しい。」

「支払いが多く、いつも金欠で遊びにも行けない。」

「ローンの支払いのためだけに生きてる気がする。」

モヤモヤ・・・。

 

そんなことをずっと考えている状態。

お給料を上げてくれる、くれないは会社が決めることなので自分が悩んでも無駄なことです。

 

それよりも

「毎月の収入のお金を自分でいかに増やすか?」

と言うように悩む方が正しい悩み方なのです。

 

宝くじを買って、当たるか当たらないかを悩むのは間違った悩み方。

当たるために自分ができることを悩むのは正しい悩み方。

 

要は自分にできる事を悩むのはいいけど、自分でどうにも出来ないことを悩むのは

無駄なことですし考えすぎて疲弊します。

 

ですから悩む機会があったら、その悩みにこう聞いてあげて下さい。

 

その悩みは自分で解決できることなの?と

 

答えがノーなら考えても意味が無いので、出来ることを探して正しく悩めるように意識すると

答えも出やすいし、気持ちもとても楽になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ