ネットビジネスで絶対に必要な物。これが出来れば必ず成功します。

目安時間:約 14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

こんにちは

「少ない時間で手軽にできる副業を紹介する」
トライアットベンチャー事務局
大澤秀哉です。

 

結果が欲しければ、まずは「行動」ではなく「在り方」を変える

 

ネットビジネスを始めるに至って

収益を出すのに大切な事が大きく分けて

2つあります。

 

それは「ノウハウ」と「マインド」です。

 

 

簡単に説明すると

 

「ノウハウ」は正しいやり方

 

「マインド」は正しい考え方。

 

この2つの中でも優先する比率があります。

比率はいくつだとおもいますか?

 

 

5:5?

 

6:4?

 

7:3?

 

答えは

 

マインド9:ノウハウ1

です。

 

 

人によっては

マインド10:ノウハウ0でもいいという人もいます。

 

 

 

それくらいマインドとは大切なので

覚えておいてください。

 

 

 

ネットビジネスではよくマインドセットと

言う言葉が出てきます。

 

 

マインドセットとは、

経験、教育、先入観などから形成される思考様式、心理状態。 暗黙の了解事項、思い込み(パラダイム)、

価値観、信念などがこれに含まれる。 マインドセットという言い方は、人の意識や心理状態は一面的なとらえ方

はできず、多面的に見てセットしたものがマインドの全体像を表しているということから来ている。

 

 

 

『マインドセットの重要性』

についてお伝えしています。

恐らくこれがいちばん大事な

中心軸の部分と思われます。

 

 

壁に貼って、毎日読むだけで

かなり流れがかあってくると思います。

 

 

 

【BE-DO-HAVEの法則】

 

全てのHAVE(成果・結果)は

 

あるDO(行為・行動)によってもたらされ

 

それらはBE(在り方)の影響を強く受けているということ

 

BE-DO-HAVEというこの流れ・順番がポイントです。

 

 

説明しますね。

私たちは、一般的に『Do→Have→Beの流れ』で夢や目標を実現することを考えます。

一生懸命働いて・努力して・行動して・働きかけて・頑張って(Do)、

目標としていた物・欲しいものを手に入れて(Have)、満足する、

幸せという状態になる(Be) という生き方や夢の実現の仕方を選びます。

中には、働いて・行動して(Do)、目標や物を手に入れ(Have)、

また働いて(Do)、手に入れて(Have)という生き方をして、

いつまでたっても満足したり、幸せを感じる(Be)ことを先延ばししてしまうことがあります。

 

 

また、働いて(Do)、行動して(Do)、さらに頑張って(Do)、

努力して(Do)、ようやく少しだけ手に入れて(Have)、

まだまだこれでは足らない、

満足できないと、また働いて・行動して・さらに頑張って・もっと奮闘努力して(Do・Do・Do)、、、

という循環を繰り返していることもあります。

 

この状態に陥ってる方は以外に多いと思います。
でも、本当に欲しいのは、満足した状態、幸せな状態(Be)とその感情であることが多いのです。

それを求めて、その象徴である何かを得ることに向けて、頑張っていることが多いのです。

それに気づかないで、頑張って努力しても報われない気分に陥ることがよくあります。
その結果、セルフ・イメージの低下を招いたり、無力感を味わったり、

目標を達成したって意味がない、と言った気持ちになったり、

燃え尽き症候群になったりします。
この状態からまず抜け出す必要があります。

 

処方箋としては、自分が少しでも成果を上げている点、進歩している点を認めてあげて、

褒めてあげる、祝福してあげることが大事になります。するとそこで初めて、

少しずつ満足感、達成感を味わうことができるからです。

もうそれが手に入って満足している、幸せな状態、ワクワクした状態になり(Be)、

そういう気持ちになった状態から行動する(Do)、そうすればスムーズな流れがやっててき、

思いのほか、カンタンに手に入る、(Have)という『Be→Do→Haveの流れ』で

夢や目標が実現していきます。
すると手に入った(Have)ものを十分に楽しんで活用し、

感謝のうちに幸せや満足感を感じることができて、

さらなる『Be→Do→Have』の善循環が起こります。

 

 

 

 

 

次に大事な事「執着を手放す」という事。

 

世の中のものは全て

プラスとマイナスはセットです。

良いこと・悪いことはセットです。

 

 

 

 

ある出来事は、誰かにとってポジティブに感じる出来事でも、

他の誰かにとってはネガテイブな出来事だったり、

今この瞬間は良いと感じることでも、長い目で見たら悪いことだったりと、

 

そもそも世の中にいい事も悪いことも

本当はありません。

 

その人がその出来事をどう捉えるかだけなんです。

この捉え方の観念の書き換えが出来れば、ほぼ自動で

成功していきます。

 

 

この考え方の話は、ここでは説明しきれないので別の機会に

説明しますし、あったときにでも聞いてください。

 

 

 

 

 

欲しいものが手に入らない時に、欲しいものだけを

受け取ろうとすると、欲しいものは手に入ることはありません。

 

手に入らないと嫌だ。という気持ちを手放さなくてはいけません。

 

手に入らなくてもいいし、手に入ってもいいし、どっちでもいいと

思えれば、自然と良い方向に流れていきます。

 

 

ちなみに、あなたが手放せないものはなんでしょうか。

 

・お金がほしい

・結婚したい

 

・彼女がほしい

・認められたい

 

 

 

色んな理由で

「手放せないもの」があると思いますが、

 

手にはいなくてもいいし、手に入ってもいい。どっちでもいい。

と心が軽くなるまで、声に出して言ってみましょう

 

 

 

 

そして反対に今度は

受け取る準備をします。

 

 

 

受け取るときに、厄介なことに

「片方だけは受け取れない」のです。

 

「手のひら」を手に入れたいときは

「手の甲」も一緒についてくる。

 

「ポジティブ」を手に入れたいときは

「ネガティブ」もついてくる、

 

 

この

「両方受け取る」ということが

今回の「手放す」へのヒントになります。

 

例えば、

「お金への執着」を手放すということは、

「貧乏を受け入れる」ということです。

 

お金に執着してしまうのは、

貧乏が怖いからですよね。

 

ということは、

お金を手放すことが怖いんじゃなくて

貧乏を受け入れることが怖いのです。

 

だから

お金の執着を手放す時には

「貧乏でもいい」と、覚悟して受け入れる。

 

それができないときには

「ああ~、貧乏をこんなに怖がってるんだなー」

 

 

ぐらいでもいいです。そこから始めてみてください。

 

他の執着も、同じように感じてみてください。
仕事で認められていないと起こっている人は
「仕事ができない自分を受け入れること。」

 

 

 

前の恋人への執着を手放す、ということは

「振られた自分」を受け入れるということ。

 

 

 

だから、執着と言うのは、そのことにこだわっているのではなくて

 

その「逆」を「受け容れる」ことを拒否しているだけなのです。

 

そして、その「逆」を受け容れると

 

本当にそうなりそうで、自分を否定してしまいそうで

その事態に本当になってしまいそうで

 

 

怖くて怖くて

手が離せない。

 

 

で、そうやって

「その片方」を受け入れないから

「もう片方」も、ずっと手に入らない、

 

 

という現実が続き続ける。

 

冒頭の「手」の話で言うと

 

手のひらが好き手のひらをあきらめられない

 

手のひらが欲しい

 

これは、手のひらに執着しているのではなく、

 

手のひらを手に入れると、

 

大嫌いな手の甲が付いてきてしまう。

 

そのことが

「受け容れられない」だけなのです。

 

でも、「大嫌いな手の甲」を受け容れると

 

 

モレなく、大好きな手のひらが手に入るのです。

 

安定への執着

会社への執着

 

不安定を受け入れると

安定と収入が手に入るのです。

 

受け入れないから

苦しい。

 

それだけですね。

 

 

片方を嫌ってると

 

もう片方も手に入りません。

 

あなたが欲しいのに手に入っていないものは

 

その「もう片方」を受け容れてないからなのです。

 

 

 

これが理解出来手放せるようになってくると

承認欲求が収まっていき気持ちの幸福感が上がってきます。

 

 

まずは大事なこの点は抑えて、ネットビジネスに取り組んでください。

 

 

 

⇒「副業」無料情報はコチラ

 ⇒おすすめ情報教材

⇒ビジネス洋書ベスト5位

⇒ビジネス洋書一覧

⇒トップページへ戻る

⇒無料メルマガ登録

⇒サイトマップ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ