鬱かな?無理をしない自信の取り戻し方

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

鬱かな?無理をしない自信の取り戻し方

 

 

僕も仕事面で、人生の流れがうー苦しいという時期が2回あった、

頑張ることができなくなって、10年務めた会社もやめてど~するかな~と

少し、周りから見れば自分探しに行ったように見える時期がありました。

 

 

そういう時期ってなんしょうね?自信が無くて本当に何も出来ないんですよね(笑)

医者に行ってないから、わかな無いけど鬱なのかな?と思いました。

ただ鬱って「自分の感情に素直になれ病」だと思います。

やりたくないことを自分にさらにやらせようとするから、気持ちを病む。

 

 

自分の本音がやめてくれーと教えてくれているんですよね。

それでも辞めないと病気を作り強制的に止めてくる。

脳はよく出来ている。

 

 

こういう流れは毎回感じますよね。

 

 

 

ただ解っていてもなかなかそういう時期は辛いものです。

自分が情けなくなるくらい「頑張る」と聞くと胸がもやもやしてくる(笑)

 

 

そんな時に本を凄く読み漁ったんです(笑)

それこそ自信を取り戻すじゃないですけど。

 

 

ただそもそもが、自信はつけるものじゃないんですよね。

元々あるもんなんですよね。

 

 

足すんじゃないんですよね。

足してくとまた重くなっちゃうんですよ(笑)

 

 

みんな偽りの自信という甲冑や、鎧を着て自分を世の中から守ってるんですよ。

 

俺はコレが出来るからスゴいんだー。とか

 

自分のコレが価値があるんだ~とかとか

 

 

要は条件付きの自信しか、僕はつけていなかったんですよね(笑)

 

コレ少し脱線しちゃうけど、愛情とかもそうです。

 

 

いつの間にか条件付きの愛情になるから、あんなに愛し合って

いたのに喧嘩をするようになるんです。

 

 

あれしてくれないから好き、コレやらないから

嫌い。

 

 

いつの間に条件付き・・・(笑)

 

 

付き合える前って、いてくれるだけでいいと

思って愛してましたよね。

 

 

何もしなくていいから側にいてくれればいいと。

無条件の愛でしたよね。

 

 

子供に対してもそう。

コレをしたからいい子。

これをしないから悪い子。

 

 

条件付きのいい子。ということを

子供に対してしてしまった時期がありましたが、

そんなの本当は関係ないですよね

 

 

無条件に自分の子供はかわいいし、愛おしいのです。

 

 

だから自分の自信の付け方も何も出来ない無条件でいいのです。

何かが出来たからスゴいのではないのです。

 

 

何も出来なくてもあなたはスゴいのです。

そうゆうことにするのです。

何かできないと価値が無いではないのです。

 

 

何も出来なくてもあなたは素晴らしのです。

だから何も出来ない自分を素晴らしいと認めてあげて下さい。

 

 

 

僕はコレを教えていただいた時、とてもホッとして

嬉しかったです。

 

 

同じふうに感じていただけたら、処方箋としたは最高ではと思います。

 

 

最後にもう一つ。

「鬱かな?無理をしない自信の取り戻し方」

の日々の行動に対する処方箋はこちら!!

 

 

何か出来たらガッツポーズをとる!!

 

朝予定通りに起きれたらガッツポーズ!!

 

気分良く出来たらガッツポーズ!!

 

人を笑顔に出来たらガッツポーズ!!

 

 

コレやるだけでセルフイメージが「上手く行ってる」と感じ

脳が「快」になり楽しくなって自信も戻ります。

 

 

当たり前の事を当たり前と考えずに、小さなことが出来たら

自分をガッツポーズでいっぱい褒めちゃって下さい。

 

 

 

 

今日の処方箋の本はこちら

折れない自信をつくるシンプルな習慣 (朝日新書) [ 心屋仁之助 ]

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ